2014.08.28 Thursday

ルート610 店舗改装の報告

0

    こんにちは
    お盆がおわり夏季休業もおわり、いよいよ夏が終わろうとしております。
    今年の夏は、本当に天候がイマイチな夏でしたね。
    うちでも恒例のイベントがつぶれてしまい、とても残念でした・・。
    暑い夏が終わると、今度は自転車に乗るのに最高な季節がやって来ます。
    秋は是非、雨の少ないいい気候である事を願いたいですね。

    さて、表題のようにルート610は、ここ数カ月をかけて店内、外の改装をおこないました。
    今年で6年目を向かえ、さらにステップアップして、お客様がより買い物をしやすく、心地のいい
    空間造りを目指し、改装しました。狭い店舗なので、いろいろと工夫もした改装です。

    店舗外観には、以前より検討していましたオーニングを取りつけました。
    これでより店舗らしく外からもわかりやすくなり、さらに雨の時にでもバイクが外に出せる環境となりました。
    テントの色は迷いなく赤で!イメージにピッタリです。
    IMG_0856.jpg

    今回のメイン改装でもあるのが、
    オリジナルオーダーで制作して頂いた「バイクラック」。
    上下2段にすることで、狭い店舗でもバイクの展示スペースが確保出来るのはもちろん、
    修理バイクなどとのすみ分けもキチンと出来るので採用しました。
    R0019697.jpg

    R0019698.jpg
    このてのラックは大型な物が多く、うちのような店舗には大きすぎる物が多いのですが、
    今回このラックは、オーダー家具や店舗什器制作をおこなっている大勝工産さんに作って頂きました。
    オーダー家具を作っているだけあり、細かい所まで丁寧に、とても満足のいく物が出来ました。
    レッドカーペットはスペシャライズドさんに引いてもらい、今回はスペシャルでロゴも入れて頂きました。
    これから展示バイクを組み立てて並べて行きます!

    それと、作業スペースも一新。
    壁掛けのキャビネットを設置して、雑然としていた物を整理しました。
    作業の動線も再チェックし、より作業のしやすい配置へ移動しました。
    これでまた組立てが楽しくなります!
    IMG_0927.jpg

    IMG_0926.jpg

    バイクラックが入った事によりパーツの展示スペースも一新しました。
    こちらはまだ改良の余地があるので、徐々に在庫を整理しながら進めていきたいと思っています。
    R0019703.jpg
    と、以上となります。
    個人的に、部屋もそうですが昔から家具の配置をいじった、改装したりが好きなので、
    今後もより良くなるように絶えず進化していきたいと思っています。
    狭い店舗なので余裕を持っての展示は出来ませんが、
    何時でも見やすく、キレイな店内で気持ち良く買い物の出来る環境をつくる事を、心がけてまいります。
    改装したてで、まだ在庫がそろっていない所もありますが、この辺は近日中までに進めてまいります。

    6年目を向かえ、店舗も、気持ちもリフレッシュして、より多くのお客様のご来店をおもちしております。
    新しくなったルート610に是非とも遊びに来てください。
    皆様のご来店、心よりお待ちしております。

    2014.07.18 Friday

    2015 スペシャライズド新製品発表会

    0
      こんにちは
      今週の15日(火)に、スペシャライズド本社のある神奈川県厚木市へ
      【2015 スペシャライズド新製品発表会&試乗会】へ行って来ました!
      毎年恒例のディーラーローチはここ数年、本社のある厚木でおこなってきまして、
      今年も厚木の施設、萩野運動公園にておこなわれました。
      本来で有れば1泊の予定でしたが、今年は所用で日帰りの日程で行って来ました。
      A1.jpg会場の入り口ではトニー・マルティンが迎えてくれます。

      日帰りの予定だったので、今回は車で厚木に行ったのですが、今まで清瀬から厚木までは
      以外に行きづらく、電車でも車でも結構時間がかかっていました。
      でも最近開通した「圏央道」のおかげで何と、1時間15分ほどで到着!とても近くなりました。
      これでまたスペシャライズド本社がいろいろと使えそうです。
       
      到着すると早速、午前中のプレゼンテーションがスタート。
      創業者で社長のマイク・シンヤードからのビデオメッセージを始め、新製品の解説なとを午前中
      しっかりと聞かせて頂きました。
      今シーズの目玉「S-WORKS TARMAC」の詳しい解説。
      2015年は大きな変更が多いMTBの解説。
      今年も魅力的な商品の多いアクセサリーの解説、などなど。
      試乗前に、沢山の情報をゲットしました。

      お昼前にはプレゼンテーションが終わり、午後の試乗の前に昼食タイムです。
      今年もおいしい、おいしい、BBQランチでした!
      A4.jpg
      敷地内にある芝生のエリアで、皆さんと話しなが楽しい昼食を頂きました。(もちろん食べ放題!)

      そして午後は試乗です。
      今年も本当に多くの試乗車が用意されています。(写真はすでに出た状態です。)
      B9.jpg
      人気のターマック以外は全て自由に試乗可能。ターマックは予約制でしたが、しっかり、たっぷり
      乗れたの十分でした。

      今年は下記の3台を重点的に試乗してきました。
      まずは皆さんの興味大!「S-WORKS TARMAC」。
      C11.jpg

      B2.jpg

      B3.jpg
      今回のターマックは感想を説明するのが非常に難しい・・・
      どこが良くなった?と言う質問に今までは「軽量でよく進む」や「剛性がありシャキシャキ進む」など
      と言う感想が多かったのですが、今回のターマックは簡単に言うと「とにかく乗りやすい!」です。
      SL4の時も前のモデルに比べ、乗り心地が良くなったと感じたのですが今回のモデルはさらに
      輪をかけてよくなった気がします。ただモタっとした感じもなく、反応も素晴らしくいいです。
      軽量性も以前のモデル並で、平地での巡航性もかなりいいです。と、いいところばかりで欠点が見つからないのですが、ただ・・新車らしいとがったところがないので、とても説明しずらいのです・・・
      で、最終的に思ったのは、「ヴェンジ、ルーベ、ターマックの3車種が全て混ざった感じ」と言う
      のが私の感想です。それと「何時までも乗っていたい」と思わせる、そんなバイクです。
      きっと「乗りやすい=力が出せる」がポイントかと思います。もっと長い距離を乗ると解る気がします。
      明らかに良くなっている点が1つ「ハンドリング」です。ここはかなり向上しています。
      各サイズの専用設計ということで、違うサイズのバイクと見比べたのですが、確かにダウンチューブ
      なっど、形も大きさも違ってました。他のサイズに乗れないのが残念ですが、各サイズ専用設計という究極の手間をかけて作ったのは、さすがスペシャライズドです。
      他のメーカーの「サイズ専用設計」と比べられますが、その先を行っているさらに専用なサイズ設計
      が今回のウリですね!
      7モデル新車を出したのと同じ、開発、動力が必要になる大変な事です。
      所有してさらに乗ってみたくなる魅力が沢山ありました!


      今回ロードに関しては、ターマック以外モデルチェンジが無かったので、1台だけの試乗で、
      あとは大きな変化をとげた、650B MTBの試乗を行いました。
      まず最初に乗ったのは、私の愛車でもあるエンデューロの新型「S-WORKS エンデューロ 650B」
      B4.jpg

      B5.jpg

      B6.jpg
      今回の試乗コースは、登ってから下るルートだったのですが、まず最初に登りでビックリしました。
      とにかく良く進みます!S-WORKSなので軽量で進むのは解っていたのですが、それを差し引いても
      私のバイクに比べよく進みます。気になるホイールサイズは正直、全くと言っていいほど気になりま
      せんでした。ハンドル位置、BBハイト共に、腰高な感じもなく、普段乗っているバイクとほぼ変わりません。
      この感覚は下りに入っても同じで、操作感はほぼ26インチと同じでした。
      ただ、グリップ感は26とは別物、コーナーでのグリップ感の良さはかなりいい感じです。
      急な斜面でも突っ込む感じもなく、乗っていて本当に楽しかったです。
      試乗車なので、何時もは多少の違和感がある物ですが、(ましてやタイヤサイズも違うので)、今回
      思ったのは、とにかく「乗りやすい!」です。このバイクなら今ままで以上に何処でも楽しめそうです!

      同じく650Bの「スタンプジャンパーFSR 650B」も試乗しました。
      B7.jpg
      こちらはストローク150mmと、エンデューロと10mmしかストロークの違いがないのですが、
      かなり乗った感じが違いました。まず登りの進みは、エンデューロよりさらに良く、勾配が上がるほど
      良く登る感じです。これはヘッド角度の差と思います。通常こうなると下りでスピードが出たときに
      安定感が減るのですが、そこは650B!安定した下りで安心して下れます。それとエンデューロ
      より細かい動きがしやすいのも事実で、誰が乗っても、安心して楽しく乗れる、ラインナップ中
      一番オススメ出来るバイクです。

      650Bについては今後、我々が乗るオールマウンテン系バイクは全てなると思います。
      それは今回乗ってとても感じました。MTBの新たなステージに突入ですね。

      それとこんなバイクも!
      B8.jpg
      去年登場してアッと言う間に完売してしまいった「FATBOY」
      今年はフルラインナップで3モデルあります。見た目以上に軽く、乗りやすい、それに・・楽しい!
      これから乗る人がどんどん増える予感がします。うちも1台・・・。

      試乗の他に別会場では、2015年モデルのフルラインナップを実際に見る事が出来ます。
      A3.jpg

      気になった商品をザッと紹介します。
      C02.jpg

      C01.jpg
      S-WORKS TARMAC 見慣れないカラーのフレームがあります。今後追加予定か?
      何と言っても今年1番の話題バイクです。
      C03.jpg
      ヴェンジもNEWカラー。それとワイヤーの入り口がターマックと同じになりました。
      C04.jpg
      アレーはエリートより「スマートウェルド」フレームとなります。
      写真が無いのですが、S-WORKS アレーの、フレームセットが販売となります。
      これはおそらく今年、たくさん出る予感がします。
      C06.jpg
      試乗をしたS-WORKS エンデューロ カッコイイですね!
      ホイールも新設計で650Bのカーボンリムです。
      C07.jpg
      今年のMTBラインナップの中ではこの「エンデューロ コンプ650B」がオススメですね。
      コストパフォーマンスがとてもいいです。
      C09.jpg
      29erモデルでお勧めは「キャンバー」。トレイルライドを中心に、たまにレースという方にお勧め。
      価格を含めファーストバイクにはピッタリなモデルです。
      C10.jpg
      去年より販売となったクロスバイクの高級モデル「シラス カーボン」が、フルモデルチェンジとなりました。
      ロードまで欲しくないけど、高級車に乗りたい方が多いようで、世界的の好調なジャンルです。
      去年まではルーベのフレームを使用していましたが、完全専用設計になりました。カッコいい!!



      今年はスポーツバイクの世界に入りやすいベース車がラインナップされています。
      上)ALLEZ  定価84.000円(税込)
      下)SIRRUS  定価59.000円(税込)
      若い世代の20代前半の方が乗るのが増えているようです。業界としてはうれしい傾向です。
      要因はやはりあのマンガのようです。

      D01.jpg
      ここからはアクセサリーを少し。
      発売以降、大人気のヘルメット「イヴェード」のNEWカラー。良いですね〜

      購入しやすい価格対の「エキスパートROAD」シューズがNEWモデルとなりました。
      BOAのシステムも新しくなり、よりフィット感がアップ!質感もいいですね。
      D05.jpg
      今まで無かったライトがラインナップとなります。
      USB充電式で1200、700ルーメンと、とても明るいライトで、しかも照射角度とても広いのが特徴です。
      実際かなり広く、通常、丸く照らすライトに比べ、四角く照らす感じです。マウントも考えられていて
      かなりオススメです。
      D03.jpg
      これもこの冬かなり人気が出そうな、冬用ロードシューズ。
      価格もリーズナブルなのでオススメです。
      D02.jpg
      S-WORKS TOUPE がモデルチェンジ、カラーも増えました。
      D04.jpg
      最後に紹介はフリーライド、オールマウンテン用に開発されたNEWシューズ「2FO」。
      ビンディングモデルとフラットモデルがあります。
      アッパーは濡れてもすぐ乾く素材で、しかもかなり軽量です。
      注目のソール部は、タイヤの開発者が開発を担当して、ステルスソール並みのグリップを確保しています。
      ビンディングモデルも、歩きやすさとペダリングのしやすさを両立させたソールでかなり使えそうです。
      5.10の代わりとなるシューズがついに出て来ましたね!

      2015年はBODY GEOMETRY FITもさらに強化されます。
      AAA.jpg
      先日、スペシャライズドが買収した「リチュール社」のフィッティングマシーンが、今後のFITをより
      正確な物へと進化します。でも、基本ベースは今までのBODY GEOMETRY FITで、このマシーン
      を使うFITは次のステップとなる感じです。お話を聞いてるとBODY GEOMETRY FITシステムの
      完成度にビックリします。


      すご〜く長くなってしまい申し訳ございませんでした。
      まだまだいろいろと伝えたい事があるのですが、詳しくは店頭で、ということでこの辺にします。
      最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
      2015年も充実のライナップですので、是非とも宜しくお願い致します。

      本日より毎年恒例の「2014 SUPER SALE !!」を開催しております。(8月3日まで)
      スペシャライズド2015はもちろん、この時期にしか出来ない価格でお待ちしております!
      NEWモデルを安く手に入れるチャンスです!
      皆様のご来店を心よりお待ちしております。宜しくお願い致します。

      そう言えば、、同級生も元気でした!
      0000.jpg
      一緒に乗れて楽しかったです!今度、水上に遊びに行くね!

      2014.04.22 Tuesday

      スペシャライズド組立て

      0
        こんにちは
        今週末からゴールデンウィークがスタートしますね。少し飛び石連休なのですが、出かける方は
        ウキウキしているのではないでしょうか!?あと少しです頑張りましょう!
        ルート610は、前回のブロブのようなスケジュールでオープンしております。
        前半は26日のイベント以外、水曜日もオープンしておりますので、皆様のご来店お待ちしております。

        今日は最近組みましたS-WORKS TARMAC SL4を参考に「ルート610こだわりの作業」を、
        2点ばかりご紹介させて頂きます。
        この情報は「ルート610フェイスブック」で、すでにご紹介したネタですが、もう一度ブログの方にも
        ご紹介と思い、掲載させて頂きました。フェイスブックをご覧の方は同じ内容になる事をご勘弁下さい。
        ルート610フェイスブック」では、今回のような技術的な紹介を始め、入荷商品の紹介、イベントの
        報告など、ほぼ毎日更新しています。是非「いいね!」して情報を共有して頂ければと思います。
        お買得情報もありますよ!

        さて本題で、
        まずはBBのお話し。音鳴りでお困りの方必見です!
        最近のBBは、ほとんどが圧入するタイプですが、これには色々と問題も・・・。
        特に音鳴りは定番のトラブルで、うちでも色々あり、様々な対処を試してみました。
        お陰様で最近は、音鳴りにはほぼ対応OKな感じです!
        今回、組ませて頂いているスペシャライズドのOSBBも、最初は色々と試して苦労しましたが、
        現在は写真のように専用の接着剤で固定する方法で落ち着きました。
        このあとベアリングを圧入するのですが、ここも使うケミカルが重要!
        防水性がある物と、緩みずらいケミカルを、使い分けて組み付けています。
        圧入タイプのBBは、防水性が低いものが多いので、しっかりグリースでガードします。
        BB30、PF-BB30なども、同じ様に組み付けると、音なり、防水性に効果があり、
        いい状態が長く快適に続きます。
        ただ、ネジのBBと比べ、圧入タイプのBBは、少し短めにオーバーホールが必要な物、
        と思っていた方がいい様です。
        スペシャライズドに限らず音鳴りにお困りの方、ぜひご相談下さい。
        IMG_0514.jpg
        OSBBを外した状態。ベアリングはセラミックスピード。

        IMG_0515.jpg
        接着剤を使用して圧入したところ。この後、放水グリースをたっぷり塗ります。


        次は最近多いワイヤー中通しフレームのお話。
        スペシャライズドのカーボンフレームはワイヤーが全て中通しなのですが、これが意外に組み立てかたにより、操作性に支障が出ます。多い症状が「シフトが重い・・」、時には中で絡まっているなんて事も。
        それと組立ても以外に面倒で、さらにワイヤー交換はさらに面倒・・・。
        これらを解決するためうちでは、組立る前に全てライナーを通しています!
        この作業により何時までも操作性が変わらず快適に動き、組立ても、ワイヤー交換も楽チン。
        さらにゴミも入りづらいくいい事だらけです!
        ライナーの先をラッパ状に加工したり、BB下のワイヤー受けを加工したり、独自の加工をして組立ます。
        実はここにたどり着くまで色々と経験しました…今はこの方法がベスト!NOトラブルです。
        自転車は電動以外、全てワイヤーを使って操作します。
        ワイヤーの処理によってバイクの快適性が大きく変わるので、ここは手を抜けない大事な作業です。
        IMG_0513.jpg
        ワイヤー入口をラッパ状に加工します。使用するライナーもシフト用の細い物です。

        IMG_0506.jpg
        BB裏もライナーでインナーが隠れるので、ゴミが入りずらいです。ここも少し加工します。

        IMG_0508.jpg
        FDワイヤー出口

        IMG_0509.jpg
        RDワイヤー出口。ここは長さを調整してカットします。

        以上です。
        こんな感じで組ませて頂いています。
        ライダーが快適に乗ることはもちろん、後々の作業も快適におこなえるように組む事を心がけています。
        また何か気付いた事が出てきたらアップしたいと思いまーす。

        2014.01.26 Sunday

        BODY GEOMETRY FIT 講習終了

        0
          こんにちは
          今週は、21日(火)から23日(木)までの3日間お休みを頂き、念願だった、
          スペシャライズド「BODY GEOMETRY FIT 」の講習を受け無事に終了することが出来ました。

          BODY GEOMETRY FITについて説明させて頂くと、
          スペシャライズドが、ボウルダースポーツ医学センターの「アンディ・プルーイット博士」と、
          共同研究によって開発された、SPECIALIZEDディーラーのみで提供している総合的なフィット哲学。
          サイクリストがより速く、より長時間、より快適にライドできるバイクフィティングをおこない、
          同時に怪我のリスクも減らすことが出来る、先進的なバイクフィティングシステムです。
          対象となるライダーは、ホビー、サンデーライダーから競技者、プロツアーの選手まで全てのライダーで、
          現時点の身体アセスメントより、バイクを合わせていくフィティング方法です。
          少し難しくなってしまいましたが、簡単に言うと、
          「現時点の体が動く範囲に合わせたバイクフィティングをすることで、無理なく、快適に速く走れ、
          しかも怪我をしにくいポジションを探すフィティング」と言う感じかと思います。

          このサービスをお客様に提供するにはステップがあり、まず最初に、
          SBCU-COREコース(スペシャライズド製品を学ぶコース)を受講、そのあと今回の
          SBCU-BODY GEOMETRY FITコースを受講(どちらも2泊3日)。
          そして10名のフィティングを実践してようやく、お客様にサービス出来る環境となります。

          今回も厚木にあるスペシャライズド本社SBCUルームにて講習をおこないました。
          02.jpg
          3日間フィティング、試乗に使用したS-WORKUS達です。

          今回は私を含め8名の受講者で、最北は盛岡、最南は沖縄と、全国のディーラーより学びに来ていました。
          私もSUBCは各コース合わせて、すでに4回目となったので、ある態度の勝手は解っているのですが、
          改めて、講義に集中出来る環境にビックリします。
          本社2階のスペースが全てSBCUルームで、受講者は3日間、全て自由に使える環境で、何でもそろっています。
          R0018694.jpg
          フィティングを実践するエリア
          04.jpg
          座学をするエリア
          R0018691.jpg
          何時でも使えるラウンジエリア まさに小さな大学です。

          今回、座学はほぼなく、フィティング実践の繰り返しと、ライドが中心のスケジュールでした。
          BODY GEOMETRY FITは、比較的だれでもわかりやすく出来るシステムになっているのですが、
          やはり体の構造を理解したり判別したり、かなりの経験が必要で、参加ディーラー同士が検体になり合い、
          繰り返しフィティングをおこないました。
          05.jpg
          意見をかわしながら実践にて学んでいきます。
          3日間、午前中スタートして終わるのが夜と、かなりみっちりでしたが、学びたい気持ちの方が
          私も含め皆さん強いので、時間はアッと言う間に過ぎていきます。
          ちなみに、講義終了後の飲み会も盛り上がり、アッと言う間に過ぎて行きました!
          ホルモンおいしかった〜。

          毎日フィティングが終わると実際にライドに行きます。、
          今回のフィティングでどう変わったのかを体感するのが目的で、実際いろいろと変わったところがあり
          改めてフィティングの大切さを体感することが出来ました。
          毎回1時間ほどのライドなのですが、最終日は、スペシャライズド・ジャパン望月社長の強い希望で、
          プチロングライドでした。
          01.jpg
          宮ヶ瀬湖のふもと「丹沢あんぱん」まで40kmのライドでした。
          現在トライアスロンに夢中の望月社長、ガンガン引っ張ります!(黄色のヘルメットが社長です。)
          天気もよく楽しかったです!あんぱんもおいしかった〜

          ライドより帰って来て、最後の仕上げ講義があり、3日間のSBCU BODY GEOMETRY FIT コースが
          終了しました。最後には・・・03.jpg
          卒業証と、これからFITに使う基本セットを頂いて全て終了となります。

          今後は実践で勉強して、お客様にサービス出来る環境を整え、BODY GEOMETRY FITの素晴らしさを、
          多くのライダーに体感して頂けるようにしたいと思っています。
          実は自分もかなり向上してビックリしている一人でもあります!

          今後ルート610でサービス出来るようになりましたら連絡させて頂きます。
          そうなるまで10人・・・もう少しお待ち下さいね。


          2013.07.18 Thursday

          2014スペシャライズド新製品発表会

          0
            こんにちは
            ルート610フェイスブックページを「いいね!」して頂いている方は、リアルタイムで情報を
            配信させて頂きましたが、今週の16.17日(火、水)と2日間、2014スペシャライズド新製品
            ディラー発表会で、神奈川県厚木市のスペシャライズド本社へ行って来ました。
            016.jpg
            毎年地方での開催でしたが、去年より移転した本社のある厚木市での初開催となりました。
            015.jpg
            今回は厚木市の全面バックアップでの開催ということもあり、本厚木の駅より街頭にはSフラッグ。
            駅前のビジョンには、カベンディシュの映像と、1周間スペシャライズド一色。

            1日目は本社前のホテルで、レセプション、懇親会などをおこない、2日目は場所を七沢温泉近くの
            市の施設へうつし、試乗会というスケジュールでした。
            もちろん毎年ですが、食事を含む宿泊まで全て無料のご招待です。
            1日目のスケジュール終了後は、1年に1度会える楽しい仲間と、ちょっと遅くまで飲みと、楽しく
            過ごす事が出来ました。もちろんレセプションで、しっかり情報もゲットして来ましたよ!

            2日目は、ホテルより移動して試乗会場の市の施設へ。ここは宿泊もできる施設があるほど
            大きな場所で、最近完成したスペシャライズド専用試乗MTBコースの初お披露目ともなりました。
            001.jpg
            会場には、毎年の事ですがものすごい数の試乗車がずらり。100台ほどのS-WORKSが並びます。
            002.jpg
            メンテスペースはもちろん、補給所の状態も充実です。
            毎年毎年、クオリティーの高い試乗会を開催して頂き、ライディングに集中が出来ます。
            2014年度は、MTBのモデルチェンジが充実していたので、MTB中心の試乗をおこないました。
            専用コースも、短いのですが、十分バイクの性能を感じる事が出来るコースで、短いぶん、
            いろいろな車種を乗って体感することが出来ます。
            今回のお気に入りは、何と言っても新ジオメトリとなった「スタンピーFSR 29er」。
            本当に良く曲がるし、下るし、登ります。バイクの大きさが全然気になりません!
            うちもそろそろ29erの試乗車を作ってみようかな・・・なんて思っています。

            02.jpg
            午前中たくさん乗った後は、昼食タイム。
            今回は、プロのBBQ会社制作の昼食で、お肉はもちろん、ソーセージ、ローストビーフと、フルーツも
            盛りだくさん、おいしく頂きました。
            003.jpg
            午後は隣接の体育館へ。そこには全ての2014年モデルが並んでいます。
            全ての商品が見れるのは、もちろんこれが最後なので、くまなく端から端まで見てきました。
            下記に少しでけ、皆さんの興味のある車種を掲載します。
            009.jpg
            今年は何と言っても26MTBの復活が注目!
            中でも私が乗っているエンデューロ26インチが復活するのはうれしいかぎりです。
            写真の「ENDURO EXPERT CARBON」は、全てが付いて650.000円と、
            かなりのお買得バイクです。実際Lサイズを持ったのですが、自分のバイクより軽い感じがしました。
            それとコマンドポストも新型となり、ワイヤーが下側から出て、フレームの下から出る仕様になりました。これはスマートでカッコ良かったです。う〜ん欲しい!!
            011.jpg
            EXPERTは良いのですが、やはり少し高いので、実際の売れ筋はCOMP 350.000円のモデル
            ですね。昨年10台だけ入荷して、即完売したモデルが通常入荷となります。
            1台で何でもできるバイク、オススメです!
            010.jpg
            S-WORKSも復活。新型のダブルバレルAIRユニットが付いてきます。
            012.jpg
            MTBのフラッグシップモデル「EPIC」がフルモデルチェンジ。
            今回はノーマルモデルと、ワールドカップモデルの2種類が登場。
            WCモデルはFDが付かないSRAM XX1専用設計となります。
            ノーマルモデルは、大滝などのロングレースに対応したバイクで、標準で工具が装備出来るように
            なっています。この辺は詳しくご説明出来るので、ぜひご来店下さい。
            013.jpg
            あと注目のオーリンズユニットが付いたDEMOも展示。
            サスペンションの入力をスムーズにする工夫や、セッティングが出しやすいようにした工夫など、
            さすがのサスペンションユニットとなっています。

            2014年のロードは、特に大きな変更もなく現状維持ですが、それだけ良い物という証しでもあります。
            特にルーベは昨年、大変売れたバイクで、ボーネンの勝利以降、ゆっくり乗るツーリングバイクという
            イメージが無くなり、世界的に大人気になったそうです。
            004.jpg

            005.jpg
            S-WORKS TARMAC SL4
            006.jpg

            007.jpg
            S-WORKS VENGE
            008.jpg
            S-WORKS ROUBAIX

            どれも今年は、完成車意外、フレームカラーが派手になっていますが、実車を見るとなかなか
            新鮮でいい感じです。ブラックのパーツでそろえると、思った以上にいい感じになりますよ。

            それと新たに、アルミモデルの最上級グレードも登場します。

            S-WORKS ALLEZ

            完成車のみの展開ですが、本気のレースまで使える本格アルミバイクです。
            以前から良く言われていますが、アレーは本当に良く進むフレームです。
            セカンドバイクでなく、メインバイクとしても十分使えますよ。

            それと用品で興味がある物と言えばこちら
            014.jpg
            S-WORKS EVADEヘルメット 26.250円

            今年の春からサポートライダーの間で、多く使用されていたヘルメットが正式に入荷します。
            しかもうれしい事に、アジアンフィットでの入荷となります!
            会場にはノーマルフィットしか無かったのですが、質感などはかなりいい感じで、重量も軽く、
            思ったよりエアーインテークも多いです。今年中には入荷予定なので、ご予約お待ちしております。

            午後のスケジュール終了後は、施設内にあるお風呂でサッパリ。
            帰りのバスまで時間があったので、竹谷さん、ベネットさんと、ゆっくりお話しさせて頂きました。
            いろいろな話が聞けてとても楽しかったです。またイベントでお世話になる話もしてきたので、近いうちにまた企画しますね。
            これで全て終了。仕事ですが楽しかった〜(本音)
            帰りはロマンスカーでプシュとしておいしく頂き帰宅しました。

            と、かなり長くなってしまいましたが、実はまだ伝えたいことがたくさんあります。
            でも、この場ではこれまで。詳しく聞きたい方は、ぜひ、ご来店お待ちしておりおます。

            これで2014年スペシャライズドがスタートしました。
            この後のブログ更新で発表しますが、明日から今月末まで、年に1度の
            「SUPER SALE!」を開催します。
            この時期だから出来るサービスをと思っています。
            是非、宜しくお願い致します。
            ご来店お待ちしております。


            2013.06.21 Friday

            レッドカーペット

            0
              こんにちは
              今日は、うちのメインメーカー「スペシャライズド・ジャパン」さんに、店内の内装をしていただきました。
              R0018907.jpg
              バイクの置いてある床に、スペシャライズドのメインカラーであるレッドカラーのカーペットを、
              ひいて頂きました。高級感が出てとてもいい感じになりました。大満足♪
              来月よりスタートの2014年モデルもこれで引き立ちます!
              是非、週末にでも見に来て下さいね。お待ちしております。
              今後はお店前に看板などを作る予定で、より専門店ぽく進化します。
              今後のルート610にもご期待いただければと思います。宜しくお願い致します。

              内装ついでに整理をしたバイクから
              今回も在庫バイクを1台、特別SALE価格です。
              R0016402.jpg
              ANCHOR
              UC5 UTILTY
              クロモリクロスバイク
              サイズ:490mm 身長167〜172cm ぐらいの方に合うバイクです。
              定価:69.800円

              旧モデルのため特別価格
              39.800円!!(現金価格で、カードです41.800円となります。)

              もちろん在庫1台限りです。
              クロモリらしい細いパイプで、カラーは人気のホワイト。
              是非、宜しくお願い致します。

              週末は天気が良いようですね。
              通常営業しておりますので、ご来店お待ちしております。

              2013.02.08 Friday

              スペシャライズドSBCU報告

              0

                こんにちは 昨日まで3日間、臨時休業 大変 失礼いたしました。
                昨日までスペシャライズ・ジャパン本社のある神奈川県厚木市に、SBCU(スペシャライズド大学)という、
                スペシャライズド製品の事はもちろん、最新の製法や、フィティング、マーケーティングを学ぶ研修を
                受けにいっていました。
                R0018689.jpg
                実は私、今回で3回目なのですが、以前の場所を借りて行っていたSBCUと違い、
                本社が厚木に移転してSBCU専用ルームが出来てからは初めてだったので、とても楽しみにしていました。
                今回の参加人数は6名!これも以前は20名以上だったので、より密に話が聞けるのでとても良かったです。
                うちから厚木までは約電車で2時間。電車のつながりも悪く乗り換えも多いので「遠いいな・・・」と
                思っていたのですが、今回のご参加の方々は、北海道、沖縄、愛媛、愛知 「すいませんでした(汗)」と、
                私が一番どころか、メチャ近でした。皆さん遠くからご苦労様でした!

                2泊3日、本社近くのホテルに泊まりながら、本社のSBCUルームへ通い研修に参加するのですが、
                この研修ルームがまずすごい!ビルの2階フロアー全てがSBCUルームで、今回の6人だけのために
                稼働しています。
                R0018695.jpg
                これが研修ルームの「レクチャーエリア」
                大半がここでのレクチャーになるのですが、「聞く」というより、ほぼディスカッションで、質問があれば
                ドンドン聞きます。普段聞けない、他のお店の状況や、裏話など、本当にざっくばらんに話します。
                R0018694.jpg
                レクヤーエリアと同じ部屋に「BG-FITの研修エリア」
                もちろん全て揃っています!何でもあります!

                実は今回、最終日の研修終了後、SBCUマスターの渡辺さんより「BG-FIT受けてみる?」と、
                お誘いを頂き、時間外にもかかわらず、受けさせて頂きました。
                BG-FITとは、ライディングスタイルを最適化をするフィティングプログラムで、我々ディーラーは
                研修を受ければ、お客様にBG-FITをすることが出来るようになります。
                今年の夏頃、その研修が有るのですが、その前に体験してみたかったので、やらせて頂きました。
                私も自転車歴だけは長いので、自分なりのポジションで乗っていましたが、今回受けてさらに乗りやすく
                なりました。詳しくはお店で聞いて下さい。夏の研修以降は、皆様にも提供出来る環境を整えますので、
                楽しみしていて下さいね。

                話を戻して、
                R0018691.jpg
                ここは研修ルーム脇にある「ラウンジ」で、ここも6人だけのためにあります。
                R0018692.jpg
                コーヒーはもちろん、冷蔵物中も飲み放題です。
                R0018649.jpg
                特注のソファー!実にセンス良くまとめられています。さすがです。

                SBCUに参加するディーラーの皆さんは、かなりモチベーションの高い方ばかりですが、
                この環境を提供していただくと、さらにアップします。
                レクチャーと言うと「めんどくさい」と、思う方がほとんどかと思いますが、好きな自転車と
                いう事を踏まえてもワクワクの連続でした。

                研修中は、普段見れない状態の製品を、実際に手に取りながら教えて頂きます。
                R0018675.jpg
                S-WORKS ルーベ SL4 の加工前。
                写真では組立てられていますが、全てバラバラになります。
                ちなみに、下に見える台は、卓球台!特注のチームカラーモデルです。
                R0018666.jpg
                こちらはBB廻りだけの状態。どのようにカーボンが使われているのかよく解ります。
                詳しくはお店で聞いて頂ければと思いますが、カーボンの層は最大でも10層ぐらいだそうです。
                R0018679.jpg
                こちらは、人気のS-WORKSシューズのアッパー部分。「サーモボンティッド」と言う縫い目がない、
                接着で作られているそうです。その他にもSWシューズは機能がいっぱい。詳しくはお店で。

                もちろん自転車も乗ります。
                お昼休みには「ランチタイムライド」という、社員は毎日おこなっているライドが1時間ほどあり、
                それにみんなで参加します。乗る自転車はもちろん・・・・
                DSC_0877.jpg
                この中から好きなバイクを乗れます!(ほぼS-WORKS)
                私は、SWルーベSL4と、SWベンジを乗りました。(ターマックは乗る機会が多いので)
                ライドに夢中で写真がないのですが、とても楽しいライドです!
                距離は20kmほどですが、途中アラックの連続。場所によっては50km以上!
                短い距離、時間でも、こんだけ楽しめるのかと、いい勉強になりました。
                足はパンパンでしたが、本当に楽しいライドでした!

                帰ってきたら、汗だくのまま昼食、午後のレクチャーではなく・・・
                DSC_0875.jpg
                きちんとシャワールーム完備!
                環境が整いすぎてスゴイ!を何度も言ってしまいます。

                ちなみに、本社1階はショールームになっています。
                R0018657.jpg

                R0018655.jpg

                R0018654.jpg
                ここは一般の客様も何時でも来れるショールームで、スタッフが常駐しているので、
                商品の説明などをしてくれます。
                ここもセンス良くきれいにまとめられています。

                2泊3日の間、夕食も皆さんとご一緒します。
                厚木という土地は、本当に多くの飲食店があり、入ってみたいお店がたくさん。
                2日目に食べたのは、厚木といえば「ホルモン」で、臭みもなくとても美味しかったです。
                食事中も会話がはずみ、とても楽しい食事でした。
                ホテルに戻るのは11時頃で、次の朝は9時からと、ほぼまる3日間SBCUとなるのですが、
                時間がドンドン過ぎていき1日がアッというま。
                研修とは言いますが、全体的に楽しみなが学ばせて頂いているのが「SBCU」です。

                今回 学んだ事は、お店でお話出来る情報で、聞いて頂ければお話できますし、
                バイク選び、パーツ選びの際、アドバイス出来る情報ばかりです。
                特に何!と、ここでは書きませんが、知りたい情報があるのであれば、ぜひご来店頂き聞いて下さいね。

                また、このスペシャライズド本社は、お店単位で貸切にして、試乗したりすることも出来るので、
                近いうちに行きたいと企画中です。
                何時もルート610で乗って頂いている方は、楽しみにしていて下さいね。
                本当に近いうちなのでまた連絡します!

                スペシャライズドの情報ならたくさん持ってます!
                皆様のご来店お待ちしております。


                2013.01.29 Tuesday

                ルート610の組立作業

                0

                  こんにちは 最近、昼間の天気がよく暖かいせいか、お店に遊びに来てくれるお客様が増えおります。
                  平日の昼間は、比較的ゆっくりとお話ができるので、話好きな私としては、ついつい話し込んでしまします。
                  「自転車が欲しい」以外にも、気になる事があれば何でも聞きに来て下さい。
                  (一人で営業をしていいるので、忙しい時もありますが、その辺はご勘弁くださいね。)

                  今日は、「ルート610の組立作業」について書かせて頂きます。
                  普段あまりブログ等に、こう言うネタを書かないのですが、今回は少し長々書かせて頂きます。
                  最後まで読んで頂ければ嬉しいです。


                  うちの組立のコンセプトは「丁寧に組む、長年いい状態が続くように」です。
                  レースバイクと違い、何年も愛用するバイクだからこそ「耐久性のある組み方」が重要になります。
                  だから特にグリース類は、使用する場所に合った物を使い分け、たっぷりと使用して組み立てています。
                  それと、長年の使用で、予想されるトラブルを無くすための作業もしています。(これが重要)

                  IMG_2084.jpg
                  まずはBB廻りから。
                  今回は「スペシャライズド S-WORKS ターマックSL4」を、組ませて頂いたのですが、
                  スペシャのOSBBには、最新の取り付け方法が採用されています。
                  写真下の、2液混合式接着剤を使用して、フレームとOSBBカップを固定します。
                  この接着剤が来るまでは、ロックタイトのはめ合い用で固定していたのですが、さらに固定力をUPする
                  ためにこれが出来たそうです。スペシャ以外のフレームで、同様の固定方法のベアリングBBも、
                  グリースで圧入より、ロックタイト固定の方が、音等が出ませんので、うちではそうしてます。
                  硬化時間が短いので、クランク取り付けまで早めの作業となります。

                  写真上のグリースは、ホワイトライトニング「クリスタルクリアーグリース」で、OSBBカップ内に入れる
                  シールドペアリングにたっぷり塗って挿入します。
                  (S-WORKSには「セラミックスピード」のベアリングが標準で付いてきます。取り付け方向有り)
                  このグリースは、ベッドパーツにも使用しているのですが、とてもスグレ物!
                  カーボン材には、通常グリースの使用が出来ないのですが、このグリースは使用可能。
                  しかも適度な粘性があり、防水性も非常に高いので、耐久性が求められる場所に多く使用しています。
                  ちなみにスペシャのOSBBは、OSBBカップをいれると、BB30仕様になるので、、実質BB30です。
                  標準で、シマノクランクアダプターが付いてきます。

                  IMG_2078.jpg
                  次はワイヤーのセッティング。
                  自転車でもっとも重要なパーツは、ワイヤーと考えています。全ての制御はワイヤーですからね。
                  長さはとても重要で、必ず最短にカットします。
                  写真のように、ハンドルを最大に切った状態の長さがワイヤーの最短となります。
                  IMG_2083.jpg
                  前から見るとこんな感じ。
                  揃っていて綺麗ですし、これでワイヤー内も余計な抵抗が無く、スムーズに軽く動きます。
                  IMG_2095.jpg
                  リアブレーキのワイヤー部もこんな感じ。
                  IMG_2073.jpg
                  ドロップバー部分はこんな感じで、最初から最後まで、キッチリ固定します。
                  よく完成車のバーテープを外すと、何箇所かで止まっているだけですが、これも1回外して、
                  上記のように固定します。
                  なぜこうするかというと、この部分が動くと、シフト、ブレーキのフィーリングがプアーになり、
                  カッチリしたフィーリングが出ないからです。実際、ぜんぜん違いますよ!
                  それと、バーテープが緩むのも、中でワイヤーが動かないので、解消されます。
                  人間が操作する部分なので、とても重要な作業です。
                  IMG_2109.jpg
                  ワイヤー内には、このグリースをたっぷり塗って挿入します。
                  この潤滑剤をオイルにする方がいらっしゃいますが、「長年いい状態が続くように」するには、
                  やはり少し粘性に高い、グリースが効果的です。
                  特にこのスペシャルグリースは、長いあいだ使っても、カーボン化(硬化すること)しないので、
                  ワイヤーには1番です。
                  もちろん、レースごとにメンテの出来るバイクを作るなら、抵抗が少ないオイルにします。

                  IMG_2089.jpg
                  これは最近始めた組立作業で、近年多くなったワイヤー内装フレームにおこなっています。
                  写真のワイヤー部分に、グレーのライナーが見えると思いますが、これをフレーム内全てに通してあります。
                  これをすることで、ワイヤー交換が楽に出来るのはもちろん、フレーム内壁の保護、
                  ワイヤー動きのスムーズさを確保出来ます。
                  以前は入れないで組んでいたのですが、フレームによってワイヤーがスムーズに動く物と、動かない物の個体差がありました。でもライナーを入れることで、その差が無くなり、どのフレームもスムーズに。
                  ライナー先端を動かないようにラッパ状に整形したり、少し手間ですが、これをするすないでは、
                  動きが全然違います。大事な作業です。
                  IMG_2093.jpg
                  写真のようにFDワイヤーは、タイヤに近い事も有り、汚れ防止でライナーを延長しています。
                  (出口が細く、出来ないフレームもあります。)

                  IMG_2110.jpg
                  ブラケットの位置調整。
                  目でおこなうのでなく、水準器で平行を出します。
                  完成車の仮組み状態は、ほぼ平行がでていません。もちろんばらして適正な位置にしています。
                  操作する部分だから、とても重要です。

                  下記からはクリースの使い分けについて。場所に合った物を使用しています。
                  IMG_2108.jpg
                  ボルト類は100%すべてDAグリースを付けています。
                  自転車パーツは対アルミが多いので、後から「取れない・・」がないように、動かすボルトには全て付けます。(前後メカ、前後ブレーキ、ステム、ピラー、等々)
                  DAグリースは、昔からあるけど本当にいいグリースです。
                  IMG_2114.jpg
                  最近の軽量化で、メーカーパーツにも「チタン」パーツが多く使われていますが、
                  チタンはカジリ付きやすい素材でもあります。
                  そこでチタンには「スレッドコンパウンド」を塗って締め付けます。
                  スレッドコンパウンドは、細かい粒子が入っていてカジリ付きを防止してくれます。
                  フィニッシュラインの物が有名ですが、粘性などが最適な「パークツール」を使用しています。
                  IMG_2102.jpg
                  カーボンにはグリースが使えないと書きましたが、シートポスト部分には「絶対!」禁止!
                  昔、まだカーボンの知識がないとき、金属フレーム同様にグリースを塗ってピラーをさした事有り、
                  見事に硬化してしまい、抜けなくなった苦い経験があります。(相当、昔です。)
                  でも、何も塗らないと、動いてしまう物も有るので、うちでは、「アセンブリーコンパウンド」を塗っています。
                  これは細かいコンパウンドが入ったペイスト状のケミカルで、うちでは2タイプ、使い分けています。
                  タックスの方が粒子が細かく、フィニッシュラインの方が粒子が粗いので、フレームとの隙間に合わせています。
                  あとは、カーボンシートポストのやぐら部分の、固定力アップにも使っています。
                  もちろん、カーボン材も傷めませんし、固定力もアップするので、これもなくてはならない物です。

                  組立が終わったら、最後の仕上げをします。
                  IMG_2097.jpg
                  何時までも綺麗なフレーム状態でいて欲しいので、ワイヤーが当たる部分には、保護シールを貼ります。
                  この保護シールは「ピッチン」と言う商品名の万能透明テープで、薄くてとても丈夫!
                  実はこのシール、図書館の本などの表紙に貼られている保護シールと同じ物で、曲面でもきれいに貼れます。
                  好きな形にカットして貼れるのも使いやすいところ。
                  ワイヤーの当たる部分にゴムを巻くことをよくしますが、うちはこのピッチンだけ。というのは、
                  結局アウターにゴムを巻いても、フレームに擦れるのは同じことなので、フレームを保護した方がいいと
                  言う考えです。
                  でも、この「ピッチン」を見つけるまで、いろいろ使ったのですが、耐久性、薄さ、使い勝手では1番です。
                  とにかく傷が付きそうなところには全て付けます。
                  IMG_2098.jpg
                  最後は、ワックスがけ。
                  自転車を磨くの大好きなんですが、最近のお気に入りはヴェプロスの「クリーンイノベーター」。
                  とにかくピカピカ、ツルツルになります。光沢のある輝きが魅力です。
                  ワックスは、汚れが付きにくくなるのもあるので、塗っておくのはお勧めです。
                  ちなみに完成車の組立後もワックス塗って、納品させて頂いています。

                  以上、こんな感じです。


                  基本的に組立作業には、あせって行いたくないので時間を多めに頂いています。
                  早く組むのは簡単ですが、あせって組んでミスするバイクより、キッチリ組んだバイクに乗りたいと、
                  思っているお客様の方が、多いかと思いますので、そうさせて頂いています。
                  ゆっくりと言っても、自転車なので、部品が揃えば、2日(その他の作業も有るので実質は1週間ぐらい)
                  もあれば、十分手を入れた作業が出来ます。
                  なので、途中で頂いた修理作業等も、少しお時間をいただく事も有るので、ご了承頂けると幸いです。

                  今回は、ロードのフレームから組立作業ですが、メーカー完成車の組立でも、ほぼ同じ作業をしています。
                  価格帯も関係なく箱からバラシて、組み付けています。
                  特にワイヤーの長さには気を使っています。ここが適正な長さでないと、シフト、ブレーキ共に、いい状態が保たれないどころか、乗ってって気持ちよくないですよね。
                  なんせ自転車は、ワイヤーで全て(MTBのディスクは別ですが。)操作していますからね、とても大事です!

                  それと、フレームの乗せ換え作業も、得意としています!
                  というのは、使っている状態の汚れたパーツを、そのままNEWフレームに乗せる事はもちろん無く、
                  きちんと掃除、注油をさせて頂いています。
                  実はこの作業が以外に昔から好きで、時間を忘れてやってしまいます。
                  使っていたパーツなので、新品同様とまでいかないこともありますが、できるだけきれいにさせて頂きます。

                  最後に、うちは「何ヶ月点検」というのも、特に行っていません。
                  逆に「調子が悪い」と思ったら、何時でも持って来てください。
                  上記作業のように、いい状態が続くように組んでいますが、機械なので、何がいつおこるかわかりません。気になる点があったら何時でもお持ちください。
                  特に全て私が組んだバイクなので、どんな状態か見つけるのも早いと思います。

                  と、今回はかなり長くなってしまいましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
                  すごく特別なことをしている訳ではないですが、なるべく丁寧に、長年同じ状態が続くように、
                  組ませて頂いています。
                  まだまだ勉強して進化したいとも思っていますので、また新しい作業が出来ました紹介させて頂きます。
                  今回はロード(カーボンバイク)でしたが、MTBアルミフレームは切削作業もしていますので、
                  機会があればまた次回。

                  自転車、組むのも、乗るもの大好きです。
                  ご来店お待ちしております。

                  2012.11.30 Friday

                  「MTB日和」発売

                  0

                    こんにちは 最近は本当に寒くなりましたね。
                    今日発売の「MTB日和」。
                    IMG_1011.jpg
                    今回の号には、いろいろと私、出させて頂きました。
                    内容は、ぜひ買ってチェックしてみて下さい。
                    いろいろな人のMTB装備がが出ているページは、とても参考になり面白いです。
                    読者参加型スタイルの記事は、動きがあり見ててワクワクしますね。
                    IMG_1014.jpg
                    私はこんな感じのイラストに。
                    他にも、ペダルの記事にも出させて頂いています。
                    MTB日和と言う名前以上に、書いてある記事の内容が深い本です。
                    是非、読んでみて下さいね。


                    2012.11.20 Tuesday

                    アルテグラDi2

                    0

                      こんにちは
                      今日は「アルテグラDi2」についてご紹介します。
                      と、言うのはここ最近、毎週のようにご注文を頂き、とても大人気!現在も2台ほど取り付けを
                      お待ち頂いている状態です。
                      IMG_0365.jpg

                      IMG_0368.jpg
                      写真は先週、取り付けをさせて頂いた「ターマックSL4」です。とても綺麗に完成しました。
                      こちらも、アルテグラDi2で組ませて頂きました。

                      なぜこんなにも人気があるのかと言うと、
                      Di2キット(ST,RD,FD,バッテリーなど)+工賃で、約13万円という価格が理由の一つのようで、
                      今までの、ホイールをアップグレードする感覚で電動化できるからです。
                      それと、ワイヤー式のデュラエースとアルテグラでは、変速性能に差がありましたが、
                      電気信号で動くDi2は、もちろん性能の差はありません。
                      もちろん、使っている素材、製法が違うので、重量、耐久性は違うのですが、
                      手軽に電動化が出来るのも理由のようです。
                      あと、今後11s化するであろうアルテグラに、PCのアップグレードで対応している点も要因です。

                      電動シフトは本当に使いやすく、一度使うと戻れなくなるほど便利なパーツです。
                      「ワイヤーで十分!」と思っている方も、実走で使うと気持ちが揺れ動くDi2、
                      ご検討されている方、ぜひ試してみてはいかがですか?
                      もちろん取り付けはお任せ下さい。、内装、外装どちらも綺麗に取り付けさせて頂きます。
                      興味のある方は是非、お待ちしております。


                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      facebook / ROUTE610
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM